ENECHANGE Developer Blog

ENECHANGE開発者ブログ

Osaka RubyKaigi 01 のスポンサーをさせていただきました!

ENECHANGE株式会社 CTO の 白木 @shirakia です。 ENECHANGE株式会社として、Osaka RubyKaigi 01 でスポンサーをさせていただきました。 記事化が遅くなってしまい反省…。

regional.rubykaigi.org

実は弊社チーフエンジニア @cuzic がOsaka RubyKaigi の運営に関わっており、その縁もあって今回スポンサーをさせていただきました。

灼熱の土曜日でしたが、100人以上の人々が集まる盛況ぶり! 今回会社ロゴが変わった都合もあり、ノベルティが用意出来なかったのが残念…。

集中して話を聞く参加者の方たち (手前が@cuzic)
集中して話を聞く参加者の方たち (手前が@cuzic)

スポンサーはENECHANGE株式会社の他にはエイチームさん、Aimingさんがいらっしゃいました。 各社レベルの高いスポンサーLTをされており、内容は最近の開発内容・ぶっちゃけの年収推移など激しいものも…笑

弊社はまずはしっかり会社を知ってもらおうということで、会社紹介中心のスポンサーLTをしてきました。

今回のスポンサーLTを通してENECHANGE株式会社を知っていただき、一人でも多くの方が興味を持っていただければ幸いです。

白木 敦夫
発表する白木

ENECHANGE株式会社ではRubyコミュニティ・エンジニアコミュニティに還元すべく、今後もRuby勉強会開催やスポンサー活動を続けていきます。

TerraformでIAMグループ・ユーザを作成する

  • こんにちは。熱い太陽光を浴びるとモリモリ元気が出る気がするCTO室のigaharaです。 今日は以前から社内からAWSの機能検証を気軽に実施できる環境がほしいというリクエストがあったため、新たにAWSアカウントを作成し、異なる権限をもったIAMグループを作成し、エンジニアごとに所属させたことを記事にしたいと思います。
続きを読む

ElasticBeanstalkのUI変更の際にTerraformで生じた問題

こんにちは。関東の梅雨入りする日が誕生日という雨要素の多いCTO室のigaharaです。 terraformでElasticBeanstalkの環境作成時にエラーが発生し、オーケストレーションが失敗したので、ちょっと調べてみたら、しょうもないことが原因だったので、泣きながら記事を書いてます。

続きを読む

KUSANAGI for Ruby on Rails × Wordpress

こんにちは、メディア事業部の踊るエンジニア カッシーです。

突然ですが、SIMCHANGEというサービスをご存知でしょうか? 日本最大級のSIMカード切り替えプラットフォームで、『最適なSIM会社の比較検討ができる!』と巷で噂のサービスです!(希望的観測含む。)

f:id:cassy1003:20180604103743j:plain

simchange.jp

実はこのサービスも、ENECHANGEが運営しています。 格安SIM/格安スマホを検討されている方は、是非一度覗いてみてください。

さて今回は、このSIMCHANGEを『仮想マシンKUSANAGI』に載せ替えたお話です。

続きを読む

RubyKaigi 2018 3日目

cuzic (a.k.a Tomoya Kawanishi) です。

RubyKaigi2018 3日目の内容の速報記事です。

  • Parallel and Thread-Safe Ruby at High-Speed with TruffleRuby
    • 性能比較
    • TruffleRuby はどのようにして高性能を実現したか
    • Parallel and Thread safe Ruby
    • Grow and Shrink - Dynamically Extending the Ruby VM Stack
  • The Method JIT Compiler for Ruby 2.6
  • LuaJIT as a mruby backend
  • How happy they became with H2O/mruby, and the future of HTTP
    • Design pattern for embedding mruby into middleware
  • TRICK 2018 FINAL Results

Parallel and Thread-Safe Ruby at High-Speed with TruffleRuby

https://speakerdeck.com/eregon/parallel-and-thread-safe-ruby-at-high-speed-with-truffleruby

続きを読む

RubyKaigi 2018 2日目

cuzic (a.k.a Tomoya Kawanishi) です。

RubyKaigi 2018 2日目の速報です。

  • すとうさんのKeynote
    • RSS/Atom っていう、バリデーション機能付き RSS パーサ
    • プレゼンテーションツールがきっかけとなったもの
    • テストきっかけのやつ
    • 全文検索きっかけのやつ
    • Data Processing
  • Faster Apps, No Memory Thrash: Get Your Memory Config Right
  • ささだこういちさん Guild
  • mruby can be more lightweight
    • サミーア・デシュムク
  • Red Data Tools Workshop
  • Red Data Tools に関する LT
    • Red Data Tools での取り組み紹介
    • @naitoh さん
    • @hatappi さん
    • @youchan さん
    • Red Data Tools Meetup and Cumo / @sonots さん
  • Ruby Committers vs the World
    • Ruby 2.6.0 preview 2
    • QA

すとうさんのKeynote

slide.rabbit-shocker.org

  • メンテナンスしているライブラリ数 130!!
    • Ruby でできるようになったことをたくさん紹介する
    • やることを探しながらやっているわけではなくて、必要になったからやっただけ
    • きっかけベースでやっている。
続きを読む

RubyKaigi 2018 1日目

cuzic (a.k.a Tomoya Kawanishi )です。 いまは RubyKaigi に来ています。 速報的に 1日目の内容のまとめの記事を公開します。

  • Matz: Keynote
  • Aaron Patterson: Analyzing and Reducing Ruby memory Usage
  • Kenta Murata 、Yusaku Hatanaka :Deep Learning Programming on Ruby
  • Piotr Murach : TTY - Ruby alchemist’s secret potion
  • Naotoshi Seo : Fast Numerical Computing and Deep Learning in Ruby with Cumo
  • Emma Haruka Iwao : Exploring Internal Ruby Through C Extensions
続きを読む