ENECHANGE Developer Blog

ENECHANGE開発者ブログ

RubyKaigi 2019 基調講演 The Year of Concurrency by Matz

ENECHANGE で働いている id:cuzic です。 RubyKaigi に来ています。 RubyKaigi は楽しいですねっ! 最新の Ruby の開発状況を知ることができます。 今回の記事では Matz さんの講演内容を書き下していたので、 それを少し整形して、公開します。 変なところ…

CircleCI 2.0に承認フロー追加

こんにちわ。 エンジニアのMariMurotaniです。 最近、リポジトリの数が多くなってきたのですが、CircleCIの設定はいろいろな書き方があって混乱するのとworkflowsやcronなどの便利機能を使いこなせていない部分があったので一旦整理してみました。今回はbuil…

Action Cableでいいねボタン!

こんにちわ エンジニアのMariMurotaniです。 社内のアイデアソン/ハッカソンイベントで利用するために、 Action Cableの機能を使って「いいね!」ボタンを作成しました。 websocker-railsを利用します。 社内のWD(ディレクターかつデザイナー)が10分で作って…

ENECHANGE社では、エンジニア勉強会向けに会場を無償提供しています

CTOの白木@shirakiaです。 ENECHANGE株式会社では 地域Ruby勉強会の Otemachi.rb など、いくつかのイベントを主催していますが、その他にも有志による勉強会への会場提供を行っております! ご興味のある勉強会主催者の方は、お気軽にお問い合わせください。…

Vuexでのデータの永続化について

こんにちわ。ENECHANGEのMariMurotaniです。 今回は、Vue.jsでのデータの扱い方について説明します。 前回の前回のRails 5.2 + WebpackerでVue.jsを使ったSPAを実現で環境構築が完了している人が対象です。

scenario内の一部分をリトライできるrspec-retry_exの紹介

ランダムにおちるfeature/system specに対応するために開発したrspec-retry_exの紹介

EBSスナップショットの自動化

こんにちは!CTO室のigaharaです。 EBSスナップショットの自動化サービスを使用してみました。 以前はLambdaで処理を回してましたが、 Amazon Data Lifecycle Manager (Amazon DLM) を使用して、Amazon EBS ボリュームのスナップショットの作成、保持、削除…

Rails 5.2 + WebpackerでVue.jsを使ったSPAを実現

こんにちわ。ENECHANGEのMariMurotaniです。 今回は、VueCLIでのSPAではなくRails内でVue.jsを一部だけ利用するという方法をご紹介します。 Vue.jsのGetStartedが終了していてRailsのチュートリアルも終了している人が対象です。 次回、Vuexでのデータの永続…

eb ssh出来なくて焦った件

こんにちは、CTO室のigaharaです!2019年もいろんなところで焚き火してチルアウトしていく所存です。よろしくお願いします。 タイトルが若干釣り気味ですが、awsebcliの仕様変更により既存設定ではeb ssh出来なくなって焦った...というお話です。

AWS Transfer for SFTPを使ってみる

インパクトあるのが出たらニュースになるだろうと思ってre:Invent 2018をウォッチせずにキャンプで焚き火してたCTO室igaharaです。 reinvent.awseventsjapan.com SFTPというレガシーだけど、今もよくシステムで使われる名前のついたサービスが目に止まったの…

t2インスタンスからt3インスタンスへ移行した話

キャンプシーズン到来で焚き火したくて発狂寸前のCTO室のigaharaです。 今回は、t2インスタンスで起動している既存サーバをt3インスタンスに変更した際の手順を書きたいと思います。

RubyWorld Conference 2018 2日目

昨日に引き続き、RubyWorld Conference 2018の報告です。 基調講演-2 Don't Stop Moving 情熱プログラマーの著者としても知られるMicrosoftのChad Fowlerさんの講演でした。情熱プログラマーは昨年読んでいて、講演後にサインをもらっている人もいたので、持…

RubyWorld Conference 2018 1日目

プラットフォーム事業部のtaki(@yuyasat)です。 今日、明日と島根で開かれているRubyWorld Conference 2018に来ています。RubyWorld Conference 2018 は、弊社もSilver Sponsorです。その関係で参加させていただきました。 午前中は移動だったため、まつも…

ランダムにおちるfeature/system specへの対応とリトライ機構

背景 プラットフォーム事業部のtaki(@yuyasat)です。ENECHANGE社には2016年10月から参画し、主にRuby on RailsやJavaScriptまわりの実装を行っています。 ENECHANGE社の顔とも言えるサービスが、電気・ガス比較サイト エネチェンジです。WordpressとRails…

Terraformのdiff(差分)を見やすくする

プラットフォーム事業部のtaki(@yuyasat)です。 最近、とあるクライアントのインフラを構築しています。いつもであればインフラの基本的な構築はインフラ部門に任せます。ですが、今回は、ElasticBeanstalkがメインとなる構成であるものの、Webサーバだけ…

第二回開発合宿(日帰り)を開催しました

ENECHANGE株式会社 第二回開発合宿を開催しました。 * 日程:8/25(土) 11時くらい現地集合(宿泊なし) * 参加ルール:自由参加 * テーマ:業務時間外なので、仕事以外ならなんでも良い(今必要なスキルアップ or OSS開発推奨) * スケジュール:11時朝会(…

ALBで複数のWebサーバをコントロールする

こんにちは。先日、富士の麓でソロキャンで思う存分焚き火してきたCTO室のigaharaです。 今日は、フロントエンド開発者が使用しているサーバのサーバ証明書 の有効期間が過ぎてしまっており、「更新よろ」と言われていたタスクを隙間時間で対応した記事を書…

Osaka RubyKaigi 01 のスポンサーをさせていただきました!

ENECHANGE株式会社 CTO の 白木 @shirakia です。 ENECHANGE株式会社として、Osaka RubyKaigi 01 でスポンサーをさせていただきました。 記事化が遅くなってしまい反省…。 regional.rubykaigi.org 実は弊社チーフエンジニア @cuzic がOsaka RubyKaigi の運営…

TerraformでIAMグループ・ユーザを作成する

こんにちは。熱い太陽光を浴びるとモリモリ元気が出る気がするCTO室のigaharaです。 今日は以前から社内からAWSの機能検証を気軽に実施できる環境がほしいというリクエストがあったため、新たにAWSアカウントを作成し、異なる権限をもったIAMグループを作成…

ElasticBeanstalkのUI変更の際にTerraformで生じた問題

こんにちは。関東の梅雨入りする日が誕生日という雨要素の多いCTO室のigaharaです。 terraformでElasticBeanstalkの環境作成時にエラーが発生し、オーケストレーションが失敗したので、ちょっと調べてみたら、しょうもないことが原因だったので、泣きながら…

KUSANAGI for Ruby on Rails × Wordpress

こんにちは、メディア事業部の踊るエンジニア カッシーです。 突然ですが、SIMCHANGEというサービスをご存知でしょうか? 日本最大級のSIMカード切り替えプラットフォームで、『最適なSIM会社の比較検討ができる!』と巷で噂のサービスです!(希望的観測含…

RubyKaigi 2018 3日目

cuzic (a.k.a Tomoya Kawanishi) です。 RubyKaigi2018 3日目の内容の速報記事です。 Parallel and Thread-Safe Ruby at High-Speed with TruffleRuby 性能比較 TruffleRuby はどのようにして高性能を実現したか Parallel and Thread safe Ruby Grow and Shr…

RubyKaigi 2018 2日目

cuzic (a.k.a Tomoya Kawanishi) です。 RubyKaigi 2018 2日目の速報です。 すとうさんのKeynote RSS/Atom っていう、バリデーション機能付き RSS パーサ プレゼンテーションツールがきっかけとなったもの テストきっかけのやつ 全文検索きっかけのやつ Data…

RubyKaigi 2018 1日目

cuzic (a.k.a Tomoya Kawanishi )です。 いまは RubyKaigi に来ています。 速報的に 1日目の内容のまとめの記事を公開します。 Matz: Keynote Aaron Patterson: Analyzing and Reducing Ruby memory Usage Kenta Murata 、Yusaku Hatanaka :Deep Learni…

TerraformでVPC周りを作成する

こんにちは、ENECHANGE CTO室のigaharaです。エネチェンジ、SIMチェンジ、SMAPのインフラを横断的に担当しています。 インフラが担う箇所が動いてる間は誰にも褒められませんが、それが止まると怒られる。そんな陽の光の当たらないところで生きてる私ですが…