ENECHANGE Developer Blog

ENECHANGE開発者ブログ

EBSスナップショットの自動化

こんにちは!CTO室のigaharaです。 EBSスナップショットの自動化サービスを使用してみました。

以前はLambdaで処理を回してましたが、 Amazon Data Lifecycle Manager (Amazon DLM) を使用して、Amazon EBS ボリュームのスナップショットの作成、保持、削除を自動化できます。 スナップショット管理を自動化すると、次のことが可能になります。

  • 定期的なバックアップスケジュールを実施して貴重なデータを保護する。
  • 監査担当者または社内のコンプライアンスが必要とするバックアップを保持する。
  • 古いバックアップを削除してストレージコストを削減する。

docs.aws.amazon.com

続きを読む

AWS Transfer for SFTPを使ってみる

インパクトあるのが出たらニュースになるだろうと思ってre:Invent 2018をウォッチせずにキャンプで焚き火してたCTO室igaharaです。 reinvent.awseventsjapan.com

SFTPというレガシーだけど、今もよくシステムで使われる名前のついたサービスが目に止まったので、検証してみました。 発表されたサービス名はAWS Transfer for SFTP

AWS Transfer for SFTP

続きを読む

RubyWorld Conference 2018 2日目

昨日に引き続き、RubyWorld Conference 2018の報告です。

基調講演-2 Don't Stop Moving

情熱プログラマーの著者としても知られるMicrosoftのChad Fowlerさんの講演でした。情熱プログラマーは昨年読んでいて、講演後にサインをもらっている人もいたので、持ってこればよかったと後悔しています。

では、1時間の講演の中で、印象に残った点を紹介します。

・生存戦略 深さと広さという指標で、Linux Kernal Engineerのように狭く深いエンジニアという戦略もあるし、SaaSスタートアップのCTOのように、様々なことを広く知っている人になるという戦略もあるということでした。 その昔、Ken Smithさんに3つのことを学びなさいと言われたそうです。その3つとは、ディレクトリサービス、Unix、プログラミング言語だそうです。その現代版として、OS(Linux等)、データベース、プログラミング言語を学ぶと良いとおっしゃっていました。

続きを読む

RubyWorld Conference 2018 1日目

プラットフォーム事業部のtaki(@yuyasat)です。 今日、明日と島根で開かれているRubyWorld Conference 2018に来ています。RubyWorld Conference 2018 は、弊社もSilver Sponsorです。その関係で参加させていただきました。
午前中は移動だったため、まつもとゆきひろさんの基調講演は聞けませんでした。本記事では、午後からの講演についてまとめました。
私の理解不足により間違っている点がございましたら、コメントください。

午後のA-1、A-2、A-3は主にRubyとプログラミング教育に関する話題でした。

続きを読む