ENECHANGE Developer Blog

ENECHANGE開発者ブログ

Wordpress と Ruby on Rails の CSS の分離

はじめに

最近、急に Nintendo Switch が手に入るようになったので、子ども(6才、男の子)に買い与えました。あつまれどうぶつの森を攻略本とともに買ってみたのですが、1000ページ以上もある攻略本をどこに行くのにも持ち歩いています。 どんなに好きでも大人でもそんな重い本持ち歩く人はいないと思うんだけど、子どもってすごい。

続きを読む

Amazon CloudFront を導入し、enechange.jp の Wordpress の記事配信を高速化した話

ENECHANGE 株式会社チーフエンジニアの川西こと cuzic です。

最近、enechange.jp のインフラ改善に精力的に取り組んでいます。 そこで、やりたいと思っていたことがかなり実現でき、ある程度、目処がついてきました。 せっかくなので、やってきた内容についてまとめてこの tech blog に掲載していきます。

続きを読む

開発背景と現場の話[エネルギープラットフォーム事業編]

こんにちは。ここ数ヶ月、再エネや建設関連銘柄をウォッチしているCTO室のkazです。

ENECHANGEの前身は英ケンブリッジの研究機関で生まれました。くわしくは創業ストーリーをお読みください。 その後、2016年に小売全面自由化される日本市場に参入し、これまでに多数のメディアに紹介いただいています。

今回は求職者に開発現場をイメージしてもらいやすいようにENECHANGEのプロダクトの1つであるエネルギープラットフォーム事業についてご紹介したいと思います。

続きを読む

TerraformでIAM policy変数をプレースホルダーとして使用する

Operations Tips vol7

こんにちは。全社でリモートワークがメインとなり社内SE業務が増加気味のCTO室のkazです。

policyを記述するときにresoruceやconditionがわからない。または、リクエストのコンテキストから取得された値に置き換えたい場合、AWS Identity and Access Managementのpolicy変数をプレースホルダーとして使用することはよくあります。

続きを読む

CloudWatch Eventsのスケジュールトリガーを使用してサーバの起動管理を行う

こんにちは。断捨離を進めていくなかで家にある廃棄対象の物がリモートワーク関連で驚きの価格で取引されてるのを見てニヤニヤしているCTO室のkazです。 今回は、CloudWatchを使用したインスタンスの起動管理をお伝えしたいと思います。

続きを読む

[Terraform] countで作成した設定ファイルをfor_eachでリファクタリングする

こんにちは。リモートワークに伴う運動不足解消のため、日々、Z戦士として走り込んでいるCTO室のkazです。

概要

Terraform 0.12以前はcount-functioncidrsubnet-functionを使用してネットワークを作成していましたが、ネットワークに変更が入るときにリソースが再作成されてしまう問題がありました。また、可読性も落ちます。HCL2ではfor_eachを使うことで可読性を上げ、既存リソースに影響が出ないようにリファクタリングできます。

続きを読む